東京都障害者IT地域支援センター

ここから本文

■ 就労を目標としたIT研修が受けられる機関・団体情報

都内で障害者の職業研修(IT)を受けられる機関・団体の情報をまとめてみました。
 詳細については、それぞれの機関・団体にお問い合わせください。

【就労を目標としたIT研修が受けられる機関・団体情報】   (2019年02月現在)
名  称 住  所 概  要
国立職業リハビリテーションセンター 359−0042
埼玉県所沢市並木4−2
TEL:04−2995−1711
障害者の職業指導と職業訓練、雇用支援等。
(財)東京しごと財団
障害者就業支援課
102-0072
東京都千代田区飯田橋3-10-3
東京しごとセンター8階
TEL 03-5211-2681(代)
(1)総合コーディネート事業
(2)東京ジョブコーチ事業
(3)障害者委託訓練事業
東京障害者職業能力開発校 187-0035
小平市小川西町2-34-1
TEL 042-341-1411
職業能力開発促進法に基づき、国が設置し東京都が運営する施設です。
障害者が就職に必要な知識、技能・技術を習得して職業的に自立することを目的としています。
訓練科目名 情報システム科(2年間) 定員15名
都立職業能力開発センター 所在地一覧 ・都立職業能力開発センターの施設を整備することにより、身体障害者の方の入校を受け入れています。
・入校を希望する校の施設整備状況を実際に見学した上で、通学が可能と判断した場合は申し込んでください。
・知的障害者の科目(無料)では、軽度の知的障害者のための職業訓練を実施しています。(足立校)
・働きながらの、キャリアアップ講習も有ります。
日本視覚障害者職能開発センター 160-0003
東京都新宿区本塩町2番5号
TEL 03-3341-0900
FAX 03-3341-0967
職業能力開発訓練並びに職域拡大事業として
・就職希望コース(OA実務科)
・継続雇用コース
・新規採用者委託コース等の訓練コースを行っています。
財団法人障害者職能訓練センター 166-0012
東京都杉並区和田1-5-18
アテナビル2F
TEL/FAX 03-3381-2289
訓練コースでは、パソコンを使用して、ワープロ・表計算・その他のアプリケーションソフトを自分で操作する実習中心のカリキュラムです。
また、技術訓練だけでなく自立を助けるための教育を行っているのも大きな特色です。
就職活動のサポート、就職先の決定後や、修了後のケアにも力を入れています。
視覚障害者就労生涯学習支援センター 156-0043
東京都世田谷区松原1-46-7
シーズ松原1F
TEL/FAX 03-6379-3888
ビジネスパソコン技能講習(通所/e-ラーニングコースによる在宅)を行っています。
内容はWindows・ネットワークシステム、ビジネス文書作成、データ処理を通してビジネスに必要なスキルを身に付けるとともに、社会・経済・ 法務の基礎解説により企業人としての自覚を身に付けます。
ハローワークなど協力して就労活動の応援、雇用支援機関や企業などの依頼による新規採用者・継続雇用者のための支援を行っています。 さらに視覚障害者雇用・就労連続講座を開催し、視覚障害者の活躍の機会を広げています。

やくだち情報のページへ


Copyright (C) 2004 Tokyo ITC All rights reserved.